.



デザインをどう考えるか

◆厳しい工業デザイナーの自己実現率

工業(プロダクト)デザイナーの自己実現率は非常に低く、おそらく1%未満、ひょっとすると0.1%位かもしれない。
これは脱サラしてラーメン店を起業した成功率、5%よりも大幅に厳しい数値で、おそらく小説家とか漫画家と同じ数値
と考えて間違いないと思う。
確かに工業デザイナーとしての道は他にもある。インハウスデザイナーとか、洒落た言い方をされているが、要はサラリ
ーマンデザイナーである。生活は安定しているし、退職後はそれなりの退職金に厚生年金が支給される。大手企業に入社
する手段としては悪くない。しかし、彼等がクリエイターとして満たされるかと言えば、現実には厳しいものがあるので
はないだろうか。
※横尾忠則人気は社会現象化して若者の憧れの存在となった。

私は「新宿で石を投げるとデザイナーの卵に当たる」と言われた1960年代後半にデザインを学んだ。 偶然の産物というか、確かに当時の時世をよく表している言葉である。 その多くはグラフィックデザイナー志望であり、この当時、脚光を浴びていた横尾忠則氏の存在ととしても大きかった。 また、工業デザインにおいては毎日新聞が毎日工業デザインコンペを50年代から実施して、結果を一面を使って発表して いたり、革新的バイクやスポーツカーを次々と開発した本田宗一郎氏率いるホンダの存在や、SONYやNikonの高 品質な製品デビューも関心を集めたことが見逃せないが、グラフィックデザインの圧倒的な注目度に比べると地味だった かもしれない。 ※ホンダはバイクレースを制覇し、いきなりF-1に挑戦

しかし、ここらで私達が抱いている「デザイン」の理解や、「デザイナー」の立ち位置を確認しておきたい。 日本は大戦に破れ、日本中が大都市を中心に焼け野原になった。無鉄砲な戦争の拡大と投資はその後の日本経済に深刻な ダメージを残し、まず、国としての復興を最重要な課題に据えた訳である。それ迄の鬼畜米英のキャッチフレーズは真逆 になり、特に米国をお手本とする志向に変わることになる。有力企業のトップは米国に視察に行くことがブームとなり、 中でも1951年に非公式ながら日本政府の招きで来日したレイモンド・ローウィの影響は絶大で、特にデザインを依頼する 目的ではなかったがタバコ「ピース」のデザインを急遽依頼され、当時150万円という破格のデザイン料が大きく報じられ た。「欲しがりません、勝つまでは」の精神が染み付いていた日本人には衝撃だったのである。 2年後には原書「Never Leave Well Enough Alonez」の和訳版「口紅から機関車まで」が出版され、敗戦から僅か8年に して日本は大きく舵がきられていく。 そして、翌年の1955年には多くのデザイン専門誌が創刊され、さらに2年後の1957年には産業界の大きな指標となったG マーク(グッドデザイン)選定制度がスタートしている。 結局、敗戦で貧困にあえいでいた時世、経済復興には産業立国のために輸出振興を外貨を稼ぐ工業奨励のために、オリジ ナルデザインの大切さを浸透させる必要があった。これに続いて美術大学創立ラッシュ、世界に類を見ないデザイン学科 増産によるデザイナーの大量排出を目論んでいる。 ◆得たものがあれば、適わないものもある。 時代は激しく動き回る。「デザイン」に急激に関心が集まり、職業としても大きな注目を集めることになる。 グラフィックデザインは「商業デザイン」という呼称から抜けて「グラフィックデザイン」という名称にデザイン本来の 大切なものを失いまいとする姿勢が感じられる。特に1965年に開催された「ペルソナ展」はさらに一歩踏み出してスター デザイナー、またはデザイナーの作家的な活動の地位を築こうとする大胆な試みだった。以降、紛れもなくその路線の一 端は受け継がれており、「デザインの作品性」を堅持するものとして評価されよう。※ 一方、工業デザイナーは1952年「日本インダストリアルデザイナー協会」を設立、1969年にはいち早く法人化も退けて、 今日に至っているが、内容やデザインに対する思想性はほとんど変わらない。 作品より製品、製品よりは商品が重要視され、60年代後半に浸透した「売れるデザイン」は至上のものと位置付けられ、 、確かにユニバーサルデザインやバリアフリー、マイノリティーのためのデザインか、ササスティナブルデザインが提唱 されたことは史実だが、基本はその枠内であることは否定しょうがない。 実際、60年代前半までのピュアな工業デザインは購買欲をそそるようなデラックスな外観や視覚的な消費を狙ったような 訴求が目立つようになり、それは神社仏閣型のテレビや、まるでアメリカ車のようなカーデザインに現われていた。売ら んがための短絡的デザインが大流行となったのである。この流れはオイルショックを経て安定経済へ向かい、80年代に 虚飾を廃した無印良品などが登場、クルマも身の丈にあったハッチバックなどが普及して沈静化したが、依然として虚栄 心を満たすようなデザインは存在している。 ◆工業デザイナーは「小説家」に似ていると考えておく必要がある。 デザイナーの「個性」や「思想性」はないがしろにされているのは、冒頭に書いた工業デザイナーの自己実現率と重なる ものがある。社会や企業が追求しているのは「経済」であり、デザイナーの個性を実現するための対策などあるはずもな いという厳しい現実。個性が大切であるデザイナーは与えられた課題に、自己を殺し、企業に忠節を誓って仕事をする事 を使命と自覚して人生を終える人が大半となる。社内デザイナーであれば、尚のことである。

頑張って、ようやくグッドデザインに選ばれたとしよう。その賞状の受賞者はメーカーの社長であり、デザイナー名は但 し書きとして記されているに過ぎない。 これを全て認めて受け入れてしまっては何もならない。 ※1969東京造形大学4年生の学園祭 クラステーマは「インダストリアルデザイン批判」だった。中央は清水千之助先生 同級生の陰に隠れて制作物が見えないが、わざとむ汚らしくデザインされた車や家電が生活空間に侵入している様が表現 、A・メンディーニの「Global Tools」(1973)さながらの訴求だった。私は前列右端で唯一、就職が決まっていなかった。 「売るためのデザイン」に反感を覚えた学生時代 「美」を追求するカーデザイン・スタジオがイタリアでカロッツェリアとして活動していることに感動して工業デザイン を学びはじめて、最も落胆したことは、当時、デザインが生産や販売目的の手段と位置付けられ、急激に舵が切られたこ とだった。価値(価格)が必要以上に高く見え、買うためのデザイン、消費するデザインが評価され、もてはやされ、讃 えさえされる時世を急激に迎えてしまった。確かに高度経済成長期だったが、「公害」という言葉が生まれ、負の遺産も 多かった時期、大切なデザインの美より優先する判断、価値基準が誕生したことは事実である。 これはアメリカ発のデザインであり、まっ先に実践したのが日本だったが、ジワリと世界に浸透していく。国産メーカー だとスバルの60年代のデザインと70年代に入ってのそれは明らかにテイストが異なっている。 また、山梨県は山中町にあるアバルトギャラリー美術館に展示されている名車は1960年中盤のものをメインにコレクショ ンされたもので、オーナーの小坂さんの聡明さが理解出来る。 目的と手段を入れ替えてしまう行為。 「開拓農民」の姿こそ、工業デザイナーに求められる。




2019 Syohei mihara design studio.All right reserved.